バイオECO燃料について

バイオECO燃料ってナ~ニ?

てんぷら油(廃食用油)にアルコールとアルカリ触媒をエステル交換反応させた軽油代替燃料のことで、広く言われている”バイオディーゼル燃料(BDF)”と同等品になります。
『バイオECO燃料』は弊社のオリジナルネームです。

使い終わったてんぷら油はどうなるの??

バイオECO燃料はなぜ環境にやさしいの???

【カーボンニュートラル】
 
植物は成長過程で光合成によってCO2(二酸化炭素)を吸収することから、バイオ燃料はCO2(二酸化炭素)の増減に影響を与えないと考えられています。
これにより、循環サイクル(カーボンニュートラル)が実現します。
 
よって、バイオECO燃料の使用でCO2排出はゼロカウントになります!

軽油 vs バイオECO燃料

軽油
バイオECO燃料
原料
原油
植物性油脂(廃食用油)
原料確保に要する時間
数億年
約1年(植物の生育期間)
供給面
枯渇資源
再生可能な植物
二酸化炭素吸収効果
効果なし
原料となる植物が吸収
硫黄分(%)
0.2
0.0001
排ガス黒煙濃度(%)
18
6
排ガス中の硫黄酸化物(ppm)
22
0.2
※文献データ引用
株式会社オイルプラントナトリ
〒981-1224
宮城県名取市増田三丁目4番3号
TEL.022-382-2713
FAX.022-384-0946
業務時間
平日8:00~17:00
土曜8:00~12:00
(日・祝は休業)
※回収業務はご要望によりこの限り
ではありません。

 
アクセスマップ
0
0
1
4
8
1